未熟なものを世に出すことの功罪と期待値コントロール

あらゆる人が表現者となりうるいま、とにかく行動しよう、失敗を重ねて成長しようといろんなところで耳にします。 このブログでも度々、情報発信のメリットについて触れてきました。 なにもテキストコンテンツに限らず、あらゆるコンテンツやサービス、プロ…

専門性を生かしてアウトプットを継続する簡単な方法

継続は力なり。 その言葉の意味を、特にここ最近は文章を書くスピードに対して感じるようになりました。 ライターとして仕事を請けるようになったころ、取材後構成を検討して、「よしこの感じでいこう」と決めてから実際に書き上げるまで、3,000字の原稿で最…

第2回 #ペリカンナイト の感想をつらつらと

2019年12月20日に開催された第2回ペリカンナイトに参加してきました。 建築界隈で面白い活動をされてる方々が登壇する建築界の一大忘年会。 主催されている創造系不動産の佐竹さんご自身が建築ラッパーとして活動されていることもあり、クラブ会場を貸し切っ…

専門性を生かしてアウトプットを継続する簡単な方法

継続は力なり。 その言葉の意味を、特にここ最近は文章を書くスピードに対して感じるようになりました。 ライターとして仕事を請けるようになったころ、取材後構成を検討して、「よしこの感じでいこう」と決めてから実際に書き上げるまで、3,000字の原稿で最…

編集・ライター希望者必見!~ポートフォリオになるブログ運営のススメ~

将来編集者になりたい! ライターになりたい! 僕自身もそんなことを考えていた建築学生のひとりでした。 コンテンツの企画・制作者として、職能としての興味とともに、建築という専門知識を生かしたい。 学生時代、そんな漠然とした希望と果たしてそんなこ…

建築のコンテンツ発信を考える~目的別のポジショニング編~

学生であれば学びをアウトプットするため。 事務所を構えている設計者であれば自社の設計事例やフローを紹介するため。 建築についてなにか発信しようとする時、その背景にはさまざまな目的があります。 発信することを通してなにを得たいか、ゴール設定によ…

【学部3年生向け】ビジネスライクな設計課題への取り組み~複数プロジェクト並行編~

建築学生が設計課題に取り組むにあたって、ビジネスに効く考え方を導入してみようというシリーズ第2弾。 今回はプロジェクトを同時並行で複数手掛けてみよう、という提案です。 どんな企業でもメインの事業1本では立ち行かなくなる 世の中の多くの企業は、メ…