建築のコンテンツ発信を考える~目的別のポジショニング編~

学生であれば学びをアウトプットするため。 事務所を構えている設計者であれば自社の設計事例やフローを紹介するため。 建築についてなにか発信しようとする時、その背景にはさまざまな目的があります。 発信することを通してなにを得たいか、ゴール設定によ…

【学部3年生向け】ビジネスライクな設計課題への取り組み~複数プロジェクト並行編~

建築学生が設計課題に取り組むにあたって、ビジネスに効く考え方を導入してみようというシリーズ第2弾。 今回はプロジェクトを同時並行で複数手掛けてみよう、という提案です。 どんな企業でもメインの事業1本では立ち行かなくなる 世の中の多くの企業は、メ…

【学部3年生向け】ビジネスライクな設計課題への取り組み~エスキースの記録編~

社会人になって仕事をし始めると、「この考え方学生時代に知っておきたかったなぁ~」と思うことがしばしばあります。 ビジネスの現場では、どのような業種や職種であっても普遍的に応用が効く仕事の進め方やコミュニケーションにおける鉄則など、さまざまな…

情報発信の際に気をつけたい、抽象化の重要性と一般化の罠

改めてここで書くまでもなく、近年「抽象化」思考の重要性が取り沙汰されています。 専門性を追求してきた各分野が、研究から実用に目を向けた際に抽象化が必要になったり、日々目の当たりにする情報からなにかを得ようとするときに必要とされる考え方です。…

ショートカットで学ぶ建築史〜歴史の目次把握編〜

建築学科に入って1、2年経ち、徐々に授業や課題で建築に触れる機会が増えてきた。 そろそろ本腰入れて建築の勉強をしないとマズいぞ、けど先生に勧められる建築の本は難しいし、課題も忙しくて全部読む時間もないし…と思っているそこのあなたに朗報です。 今…

【失敗談】炎上が成長させてくれることもある。けど狙うのはオススメしないよ

これまで本ブログにて、建築学生向けに情報発信することのメリットを綴ってきました。 ここで炎上について考えてみたいと思います。 さすがに今どき、個人で炎上を狙う人などいないとは思いますが… マーケティング不在の炎上マーケティングなど、何のメリッ…

【学部2年生向け】建築の設計課題への取り組み方を考える~練習試合と筋トレの往復編~

建築学生のみなさん、設計課題楽しんでいますか!? 楽しんで課題に取り組むために、そして単に課題のレベルを高めるためだけでなく、設計課題を通じて「探求力」を身につけたいという人のために、効果的な取り組み方を考えてみます。 先日、インプットの効…